読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

しろくまが好き。

感性で書く。

今日ってみんな同じじゃないの?

 

‪ユリゴコロを読んでいる最中。

ふと湧き出てきた、なぜ。

 

 

‪なんで同じ今日のはずなのに、生きている人と死んでしまう人がいるのか謎です。

 

運命という言葉で片付けていいの?

不慮の事故とか、寿命とか、抗いたくなるような言葉ばっかり、全部何かに仕組まれていたかのような感じ‬

 

事件だ、事故だ、病気だ、怪我だ、なんだと、人が亡くなれば、そんな理由がつけられて、可哀想に、まだ小さいのに、まだ若いのに、あの年まで生きれば大往生よ、病気だって、事故だって、事件だって、本当にいい人だったよね、あの人は悪いことばっかりしてたから罰があたったのよ、

いろんなことを言われて、惜しまれたり惜しまれなかったりしながら、骨になって、お墓に入れられて。

 

こんなぶっきらぼうに人の死を書けるほど、人の死を知らない訳では無いけれど、このやるせなさをどこにももっていけない。

 

なんでだろう。

私とあなたは、どこでボタンを掛けちがえたの?

何が違うの?

同じ人間で、同じ日本人で、同じ大学生で。

いろんな同じを持っていたはずなのに。

私には今日があって、あなたには今日がないのはなんでなの?

 

 

 

どうして人間は死んでしまうの?

 

 

 

5歳くらいの女の子だったら、相手も真剣に答えてくれたはずだが、21歳目前の女子に聞かれたら、精神病でも疑われるのだろうか。

 

普通とか、当たり前とか。

普通が1番って言ってる普通さ

普通を支える膨大な異常

普通を普通たらしめる個人世界

普通が普通である当たり前の価値観

当たり前という名の退屈な日常

 

当たり前も普通も当たり前じゃない、普通じゃないところから始まっていて、そこにあるのはマイノリティなことで、きっと人の死って当たり前じゃないんだけど、みんないつか死ぬと考えたら、至極当然で、当たり前で、普通のことになっちゃうんだから、不思議だよね。

 

でもやっぱり人の死を当たり前には出来ないし、それは異常に見える。

確固たる何かなんてどこにもないし、普通と当たり前の価値観は私の世界にしかない。

でもきっと、人の死が当たり前じゃないという価値観は、地球共通な気がする。

少しずつ分け合ったそれぞれの世界にある、共通する普通的価値観こそ、普通なんだろうか。

 

今日という、人々に与えられた24時間にあった出来事を、普通と普通じゃないに分類して、普通じゃない出来事を共有しあったら、きっと私はいろんな人同じ話が出来るはずなのに、それを誰ともしないし、しようともしないし、されることもない、そんなことがひどくもどかしいだけなのかもしれないけれど、考えずにはいられない時間ほど、短くも長くも感じられて、考えようと意識してないのに目の前にある現実は、ずっと頭の片隅から消えない。

記憶なのか、記録なのか、感情なのか、意識なのか、よく分からない私の中の何かが、それを外に出したがってた。

 

そうすることで救われるのが自分であることも全部分かっていながら、そうしてしまうのは私の弱さなんだろうと思ったけれど、当たり前じゃないことを当たり前に装うことは1人でいる時には出来ないことを悟った。

 

でも、当たり前は当たり前じゃないし当たり前じゃないことも当たり前じゃないということと、当たり前じゃないことを当たり前に装うこと、というのはやっぱり違うと考えが固まっただけで、胸のつかえが取れた。きっとみんな言わないだけで、その当たり前じゃなさ、は当然感じていると想像出来るだけで、安心するものなんだな。

 

そしてやっぱり、当たり前と普通は、当たり前でも普通でもなく、退屈な日常でもなく、ありがたい日々だった。

‪「ちなみに、人間は風速40kmで飛ばされるそうだ」‬ ‪テレビから流れてきたナレーションがなぜか心に残った。

 

 

ある日の帰り道

 

‪夜の東京タワーの写真を走ってる車の中からでも撮ってしまうお兄さん、訳は分からないけど、夜の東京タワーいいですよねって声が出かかった。‬

 

ある夜の夢。

 

‪今日の夢正直怖かったけど、ちゃんと完成したら世にも奇妙な物語に出せそうだった。が。似た作品ありそうとも思った。‬

 

ある朝の失敗。

 

‪10時に起きて、1度目をつぶって、目を開けたら11時でした。誰かが時計の針回したのだと思いましたが、家には誰もいませんでした。‬
二度寝ってこわいね!!!!!‬

 

ある夜の考え事。

 

‪今日は秘密を抱えた彼女と彼の物語。‬
‪書き出しは‬
‪「彼女はいつも、おはようの代わりにごめんねを言う。起きているけど、寝たフリをしている僕に、毎朝。それが僕らの日常。彼女のおはようを最後に聞いたのはいつだったか…あまりに昔のことで、現実と夢との境目が分からなくなっている。」‬

 

ある人に言われた言葉。

 

‪「数字で語り合おうぜ」‬

 

ある日の決意。

 

‪【頑張った貯金をします】‬
‪1日の頑張りに応じて硬貨を1枚貯金。‬
‪頑張った日は500円玉のいい音のちゃりんが聴ける。‬
‪入れた金額は手帳に書く。‬
‪時々貯金箱を開けて、硬貨を種類ごとに分けると、自己評価の主観的頑張ってる/頑張ってないの割合が分かる。‬

 

ある本を読んでいる時に思ったこと。

 

‪一つ一つの枝をみればたしかにそれはそこにあるんだけど、全体の木を見ると枝は木を構成する一要素でしかなくなってしまう。‬
‪最近本の好きな箇所抜粋しながら読んでるんだけど、読み終わってその箇所のなにが良かったのか忘れてしまったことがあって、流れとその場の思考があるんだと思った‬

 

ある人のTwitterの下書きの引用。

 

 

5月1日。

 

 

‪自分から発していながら違和感しかない言葉たち。

信じたくないことほど、現実味を帯びていく。

 

なんとなくふわっとした現実感。

遠ざけたいけど、近くにいたい矛盾。

 

もっともっとと思えば思うほどに、もう何も出来ない虚無感に襲われる。

そこに居ることを当たり前にしてはいけない。‬

 

もう思い出を準えることしか出来ない。

過去を辿ることしか出来ない。

 

居るようで居ない。

居ないようで居る。

 

信じたくない、認めたくない。

信じないといけないし、認めないといけないけれど。

 

いつまでたっても、決定的な言葉は発したくない。

自分の中の触れたくない部分のように、世の中の何となく言いづらいことのように、頭では思いついても、言葉には出来ない。

言葉にしなくても何も変わらないのに、言葉にしたら何か変わってしまうような錯覚がずっとある。

 

 

 

 

 

 

あれから1年が経ったんだと。

 

意味もわからず、家で1人、立ち尽くすしかなかった、あの日と同じ日を、迎えてしまった。

 

いや、正確に言うと、知ったのはあの日ではなかった。今年にはない日だった。次に来るのは3年後。

 

 そして、つい先日、5/1

 

2度目の誕生日が来た。

 

雷が鳴ったりするあまり天気のよくない日だった。

おかげさまで久々の偏頭痛にやられていたけれど。

そしてさらに採血までされて、気力もなくなって。

 

そんな理由で会いに行けなかったことを今さら後悔しているわけだけど。

 

はあ、少し遅くなっちゃったけど、土日で会いに行こうと思った。

 

1人で行くのはちょっと心細いけど

行ってしまえば1人じゃない!よね!

 

 

 

 

「思い出したいのに

何かが蓋をしている感覚。」

  

おわり。

おしゃれさん。

 

毎日楽しく充実したい。

まあ、そんな毎日楽しめないわ、みたいな。

そんな日もあるんですけど。

 

 

 

おしゃれをすると、いつもより足取りが軽くなる。

おしゃれしないで、縮こまって歩くくらいだったら、おしゃれした方がいい。

少しでも好きな服を着て、好きなコーディネートを着て、新しい鞄や靴に心を弾ませたりして。

服に合わせてリップの色も変えて、アクセサリーも似合うのを選んで、完璧!ってなった朝はいい日。

 

出来るだけ心が軽くなる用意をする。

心が軽くならない日だってある。

朝から寝坊したら、ずどーんって気分だ。

でも、ちょっとでも自分が気になる要素を減らす。

ちょっとでも、自分がわくわくうきうきできる要素を増やす。

それは形からでも充分。

 

単純な私は、何か一つでも、自分の好きなものを身につけていればそれだけで満足できる。

 

そうやって、毎日毎日、自分の心が軽くなるように行動する。

自分を満たせる要素を増やしていく。

内側を作れば外側はきっも勝手に出来上がってくるけど、内側を作るのは難しいから、とりあえず外側だけ作っておく。

あとはそこに内側を流し込んでいくだけ。

 

外側が完璧なだけで、いつもより強くなれる。頑張れる。

内側も外側もなってない人より、外側だけでもなってる人の方がましだと思う。(笑)

外側は簡単に作れるけど、それを作るのには少しの努力は必要だし、それをするかしないかは自由だけど。

外側だけでも完璧にしておくと、心が弾むから、弾ませておけばいいんだよ。

 

 

 

心が弾んでたらなんでも楽しくなるから。

 

 

毎日を精神論で終わらせる日常にストップをかけたい。

 

楽しく生きたいっていったって、毎日毎日たのしい行事を詰め込む訳にはいかないから、日常の楽しい要素増やしていくしかないんだ。

 

それが、充実している人の、毎日の楽しませ方なのかもしれないと、やっと気づいた。

武器が、ない。

 

バイト帰りの車の中。

知らない人と乗り合いのハイヤー

父親世代の人と50.60代の運転手。

気まづくも、安心するわけでもない空間。

私が道案内をするまで、会話は一切ない。

携帯から発せられるブルーライトだけが、私を照らしていた。

 

首都高に乗って、

どうして築地に首都高の入口があるんだろうなんて、誰だって答えの出せる問しか思い浮かばない自分の頭を呪った。

 

 

しばらく走ると見える東京タワーの先端。

なぜか、東京タワーには惹かれるものがある。

 

ここが東京だって、いつでも示してくれているからだろう。

あの"指標"を見ると、渋谷より東京を感じる。

 

これからこの景色をいつも見られるのかと思うと疲れなんて忘れられた。

 

首都高を降りて、見慣れた道を走る。

 

ふと自分に武器がないことに気がついてしまった。

 

武器だけじゃなくて、盾も鎧もない。

このままじゃ、いつまでたっても負け戦からは抜け出せない、そう思った。

 

いつも、いつもいつも、どこに行ったって、誰と居たって、自分より出来る誰かの存在がある。

そういう存在は、私に何かを教えてくれるし、困った時には助けてくれる。

ありがたい存在だ。

 

その一方で、何も勝ち目のない自分。

 

経験がものを言う、のは確かだが、経験でもなんでも、私がその人に勝てるものは、何一つない。

 

武器も、盾も、鎧も無ければ、傷ついて、ボロボロになって、いつか死んでしまう。

 

このまま社会に出たら、人と戦う武器も、自分を守る装備もない私は、一瞬でもみくちゃにされて、玉砕だ。

自爆より酷い。

爆薬すらも、持っていないのだから。

 

幸い今の日本は戦場ではないし、どんなに酷い目に逢おうとも、私の肉体が無くなることは早々ない。

 

でも、目に見えない戦争は、確実に私を巻き込んでいくことだろう。

誰も、巻き込まれずには通れない。

 

たった一つでもいい、

攻撃はしなくてもいい、

ただ自分の道を切り開くために、

社会でもみくちゃにされないために、

武器さえあれば、

戦いの土俵には立てるのだ。

 

武器があっても、戦闘力が無ければ、戦いの舞台には立たせてもらえない。

 

戦いの舞台に立たないことは、平和なことではない。

戦争はすぐ隣で、自分の身に危険が及ぶほどの距離で、起きている。

 

戦わない人は、逃げ惑うしかないし、戦えない人は、戦う人に搾取されるのだ。

 

 

 

 時間と労働力しか売るものがない大人にはなってはいけない。

自分で、自分の力で、お金を稼いで、生きていなきゃいけない。

それが戦うってことだ、と思う。

 

組織に所属していても、個人でもいい。

個人の方がきっとずっと難しいけれど。

 

ただ、会社に入れば何とかなるというのは違う。

会社だって、組織単位では武器が必ずあって、そこの一員ということは、武器のパーツの一つな訳だ。

立派な戦力がないと、足を引っ張る。

 

つまり、会社に入ろうが入らまいがそれは個人の自由だが、どちらにしても武器がないと生きてはいけないのだ。

 

私も武器を持たなければ。

これから武器を作らねば。

 

 

 

 

 

将来フリーで自由に仕事したいと思ったけど、会社に入ってある程度経験を積んだら、それが出来ると思っていた。

でもきっと違う。

将来個人で食べていける人は、学生だろうとなんだろうと1人で何かを作れるのだ。1人ってそういうことだ。必要なのは経験ではなくて、1人で食べていく覚悟と行動力だと思う。

スケールやレベルは違くても、学生だって何か作り上げられないということはない。最後まで作り上げる忍耐力、行動力、熱意、そんなものさえあれば、何かしら出来るのだ。

 

そして、その何かを決めるのは将来ではない。

今ですら決まってない何かが将来決まるはずがない。

 

今決めたものと将来決めるものはきっと違うだろう。

しかし、そこにある決断力と覚悟は変わらない。

 

今決められなくて、将来決められるかもしれない。

しかし、それは決断力と覚悟が芽生えたからで、そんなものは受動的なインプットだとか、情報、経験、技術とは関係ないのだと思う。

 

今1人で何かできる人はきっと将来も何か作れる。

今1人で何も出来ない人は、将来何か出来るかもしれないし、出来ないかもしれない。

 

今は覚悟を持とうと思えるものがないだけの場合もあるかもしれない。

でもいざという時に覚悟出来るか、行動できるか。

 

20歳の考えなんて、浅はかで稚拙だと思う。

でも、多分きっと、行動力と決断力は大事なんだと思う。

尊敬するDJあおいさんがそう言っていたから。

 

それを信じて進むっていうのも、そういう選択をした自分への覚悟なんだと思う。

 

正解は未来にしかない。

今はこの選択を正解に近づけるしかない。

 

きっと正解は精一杯だと思う。

後悔は納得がいかないから生まれる。

結果が悪かろうと、失敗しようと、正解不正解を決めるのは自分で、判断基準はやって良かったかどうかだ。

 

やって良くないことは多分ない。

自分で選んだことなのだから。

それが不正解になってしまうのは、心残りがある時だけだと、そう思う。

 

だから、正解は精一杯。

何かを頑張るんじゃない、

それを当たり前にする。

 

武器を身に付ける。

それを習慣にする。

刃が錆びていては、刀は使えない。

毎日磨いてこその、戦闘力。

 

人生心がけ次第。

みんな始めは0。

 

元気が出る言葉を纏って、生きていきたい。

大人になること

 

大人になることは、大切なものを重ねていくことなんだろうな

 

ふとそんなことを思った。

人、もの、時間、思い出。

手に乗り切らないような大切を上手く両手に乗せて、また新しい大切を積み重ねていく。

大人はそんなものだと思いたい。

大人って素敵なんだよって言ってくれる大人が少なすぎる。

 

もう20歳だし、成人してるし、大人なのかもしれない。

でもやっぱり本当の大人は自分で稼いだお金、自分で決めた選択で食べていく人のことを言うのだと思う。

だから私はまだ子供。

親にも、大学にも、社会にも守られている、職業は"学生"。

 

学生だから、ちょっと何かが欠けていても仕方ない。そんな空気がある。そこに甘んじている。時がある。

 

大人になるっていいことだって教えてください、大人のみなさん。

 

大変だけど、めちゃくちゃ楽しいぜ、とか、やりがいを感じた時は幸せ、とか。

疲れて仕事帰ってきた時に見る奥さんと子供の笑顔が癒しとか、もう惚気でもなんでもいいよ。笑顔は最高だよって頷いて聞くからさ。

 

大人への悪口みたいになったけれども。

 

大人になってよかったことをひたすら聞きたい。

 

大切なものを零し続けている気がする私は、どうしたら大切なものをちゃんとすくえる大人になれるのだろう。

 

誰だって零してしまった大切はあるだろうし、それで後悔もすると思う。それも経験。

 

でも、新しい大切のために、持っている大切を無くしてしまうような、そんな子供のままでいていい訳はない。

 

大切なものは、ちゃんと両手で受け止めて、抱きしめていたい。一つたりとも零したくない。貪欲。

 

だって大切なんだから、当たり前でしょ!!!

 

大切を大切に出来る、大切に愛をいっぱい注げる、大切を受け止めて零さない、そんな大人になりたい。

 

大切ではないけれど、新しいこと始めるのに、何かを捨てなきゃならない現状への嘆きにも聞こえる。

 

なんでもかんでも新しいこと、気になったことを始めたられた大学2年生までってめっちゃ楽しい期間だったんだね。もっと遊んでおけばよかった。

 

捨てるのが苦しい。名残惜しい。だけど新しいことも始めたい。葛藤の春。

 

せめて、終わりは始まり、と正々堂々新しいことを始められるところまでは、大人になりたい。

 

後悔ではなく、反省を。

普遍的な言葉

 

ある夜のこと。

図書館から督促?催促?の電話(笑)が来て、バイト終わりに本を返してきた。

 

道が真っ暗で、人も本当にいないし、めっちゃ怖くて、心臓バクバクした。お化け屋敷か。

 

じゃなくて。

 

駅に戻ってきて、緊張の糸が切れたんだけど、実はそこは終わりではなくて。

駅だから安全なことは全くなくて。

家に帰るまでが、帰り道。

家だって、100%安全なんてことないんだけど。

 

この緊張の糸が切れた瞬間に、ふときみすいを思い出した。

 きみすい、本当に大好きだなあ。

 

彼女がねー、彼の行動を変えるところがねぇ。

好きですね。

 

というのは、まあ置いておいて。

 

この時物語の中の話を実践的に感じた。

これが理解か、と。

20年生きて、やっと分かった。

こうして知識は血と肉になっていくのだと。

(これは小説だから知識ではないけど)

 

本って、読んだら終わりじゃなくて、例えば自分が同じような経験をしたり、同じように感じた時に、本当に財産になるものなのだなあと。

もちろんSFみたいなのは体験出来ないけれど。

 

だから、本をたくさん読むことももちろん大切だけど、自分の行動や感覚を普遍的な言葉で残しておくのも大事だなって。

 

人と人をつなぐのはやっぱり言葉で、その共通のプラットフォームを持っているから私たちは意思疎通ができる訳で。

 

誰かが感じたことを表現した言葉を理解するって、やっぱり自分の中にもそう感じた経験がないと難しいと思った。

 

断片的にすくって分かることは出来るかもしれないけれど。

 

やっぱり感覚や感情をつないで、共有するのに必要なのは言葉だから。

どんなに月日を共にした人でも、どんなに分かりあってる人でも、やっぱりその人のまるごと全てなんてその人にしか分からないから。

 

みんなが分かる言葉に出来ないと、結局は何も伝わらないということ。

自分の心を言葉にしたところで、それは伝えた、だけの自己満足。

いつも見合う言葉がないと嘆いているけれど、それはやっぱりなんだか特別感を持たせたくなってしまうからで、その行動に「名前をつける」みたいな唯一感が欲しかっただけで、結局多分何が起きているか、何を感じているか、なんてそこら辺に落ちている言葉で充分事足りるのだろう。

 

複雑なことを複雑に言うことはただの自己満足だ。

人が理解出来ないことに自分の特別感や唯一感を得るのではなく、伝わらなかったことを恥よ。

何だって、考えて、突き詰めれば、きっと小学生でも分かる言葉で説明出来るはず。

(学術的な話は除く)

 

まあでも、カタカナ語とか業界用語とか専門用語を使って、一般人が理解出来ないのを嘲笑いながら、自分の特別感を認識して、その場限りの優越感に浸っているなら、それは同じことだろう。

そういうのは結局自分だけじゃなくて、周りも滅ぼしていくんだろう。

 

伝えることをずっと考えていたけれど、伝わることを考えよう。

 

時には自分だけで噛み締めたい感情もあるけれど、言葉にして、普遍的なものにしてしまうことを惜しまない。

それよりもっとたくさんのことを言葉にしておきたい。

それで言葉を通じて色々な感覚を吸収したい。

 

足りない想像力は、実践で補うしかない。

 

さーて、明日はテスト(´−`) ンー