しろくまが好き。

感性で書く。

他人は他人。

 

 

目の前にいる人が、

自分と同じ人間に見えるけれど、

実は同じ人間ありながら彼らは赤の他人だ。

 

同じようなパーツを持った、外見としてカテゴライズするなら人間に属するような、そんな彼らも、私とは違う人。

 

何に喜んで、何に悲しんで、何に怒って、何に泣くのか。

そんなの分かりやしない。

 

何が嬉しくて、何が嫌で、何が好きで、何が嫌いか。

言葉で伝えられる範囲のことは分かっても、やっぱりすべてを理解することは出来ない。

 

だから人間と人間はぶつかる。

 

その原因は、分からないから。

 

分からないから、怒り、怒られ、傷つけ、傷つけられ、ぶつかる。

 

でも、何をどう言葉に表したって、100%の理解なんてない。

 

言葉で覚えることしか、人間には出来ない。

行動や言葉に見えたものから判断するしかない。

同じ人になることは出来ないから。

 

 

分からないからぶつかって、

分かろうとするけれど、

それでも分かりきることは出来ない。

 

悲しいけれど、それが現実だ。

 

でも、分かることを前提にしているから、悲しいんだ。

 

分からないことが普通で、当たり前。

分かったような気になっているだけ。

分からないことを隠すために、何かを言葉通り理解して、記録しているだけ。

 

分からないことを前提に考えると、少し知るだけで、それが嬉しくなる。

 

分からないことは変わらないけれど、一部は知っている。

そういう少しの距離の縮まり。

他人に対しての知識を増やしていくということ。

こんな儚い関係が、人間同士の付き合いなんだと思う。

 

分からないことも、知らないことも悪いことじゃない、普通のこと。

他人の全てを知って、理解するなんて、到底不可能。

お互いを理解し合ってる、なんて嘘っぱちだ。

 

だから理解し合おうともがき、相手に対する知識を増やし、それでも知りたいと願い、最大限の気遣いをもって相手に接する。

 

その人を知ることが喜びで、その人と一緒にいることが幸せ、みたいな関係。憧れですね。

 

最後何言ってるかよく分からないけど、人のことは分からないし、何しても理解は出来ない。

理解しようと言葉を交わしたって、同じように理解することは出来ない。

 

だから言葉を選び、同じ目線で同じものを見えるように、言えるようにする。

同じ時間、空間、出来事を共有して、お互いの共通項を増やしていく。

そうすることで保たれている関係。

 

人間関係なんて、叩いたら壊れる石橋のように脆い橋なんだろうなぁ。

壊さないような慎重さとか、渡らない決断とか、壊してしまった時の修復方法とか、経験しなければ分からないことがたくさんあって、壊さない慎重さだけ増している私のやり方は、正しいのか、疑問である。

たまには壊してみたくもなる。

でもやっぱり失いたくないという欲求が買ってしまうんだね。

 

都合のいい人にはならないようにしようっと。

 

「いいよ」って、許されてる訳ではない。

 

 

誕生日を迎え、みんなにお祝いしてもらってハッピー!みたいな日の夜にふと思ったことが、わりと暗かった。笑

 

 

何か、相手に迷惑を掛けてしまった時、私たちは謝るし、相手もそこまででなければ「いいよ」って言ってくれる

 

 

でもこれはただの3文字ではなくて、その前に数行の本音を孕んだ3文字で、この3文字に含まれる意味は計り知れないのが現実だ

 

 

まあ今雰囲気崩すのもな、本当には嫌だけどそれじゃあ気が小さいやつになっちゃうしな、なんでもっと早く言ってくれなかったんだろう、けどまあ、とか。

 

 

それでも普段からよくあるようなことであれば、みんなだいたいなんだかんだいいながら許す。

 

それはマイナス以上のプラスがあるからだ。

 

 

でも、そうもいかずに許し難い時もある。

 

 

そういう時も「いいよ」って言うし、言われる。

 

 

本当の「いいよ」のラインは分からない。

 

 

許されない時のいいよって、その人を見限ったから出てくるものだったりするから。

 

 

時々「許さない」と怒られたりもするけれど、それはその人に直して欲しいと真剣に思っているからだ。少なくとも怒った部分を変えてくれることを怒った側は望んでいる。まだそこに改善の余地もあるし、これからの関係も期待できる。

 

 

でもそれに比べて許してもらえたような「いいよ」には裏があって、それが(この人はこういう人なんだ…)という見限りだ。

 

 

見限られる、ということは、怒られることよりもきっと残酷だ。

 

もうあなたへの期待や希望はありません、っていうサインだから。

 

「妻が最近優しくなった…」

から始まるCMがあるけれど、あれにも夫に期待しなくなったから、という妻のセリフがある。

 

 

"優しさ"と"見限り"は違う。

見限りはもはや絶望そのものだ。

希望のない関係になってしまったから。

 

愛のある叱りなら、それを率直に受け入れるべきだ。

 

本当に見限られる前に。

 

 

 

話題のMonument Valley!激推しポイント7選

f:id:hn618li317:20170611233633p:image 

 

より多くの人に見てもらいたい一心で、ネットでよく読まれそうな記事タイトル構文を安易に利用してしまいました。

ただ、Monument Valleyの良さを伝えたかっただけなのです…!

 

って言い訳から始まるブログなんてあるか!と思いましたが、大事なことなので、初めに言います。

とにかくこれから私がネットで記事を読まれるための方法を利用してきても、すべてはMonument Valleyのためなので、暖かい目で見守ってください。(笑)

 

さて、気を取り直して、Monument valley 2の激推しポイントを私なりにまとめてみたいと思います。

 

そもそもMonument valleyって?という方の為に少し説明。

私がこれから紹介するのは2ですが、1もあり(当たり前)、それがアップルデザイン賞2014の勝利作品になってます。

 

Monument Valley

Monument Valley

  • ustwo Games Ltd
  • ゲーム
  • ¥480

 これが1。 

Monument Valley 2

Monument Valley 2

  • ustwo Games Ltd
  • ゲーム
  • ¥600

 そして今回新しく発売された2。

リリースされてから、App Storeの有料ランキング首位をキープしています。

 

 

 

美しいグラフィックスとサウンドに包まれながら、幾何学模様の建物を操り、この棒人間のようなキャラクターを導く3Dパズルゲームです。

 

棒人間のようなと言っていますが、プレイし終えたらこの子たちは絶対にただの棒人間でなく、愛着のあるキャラクターとしてあなたの胸に刻まれます、きっと。

 

 

それでは本題、このMonument Valley 2の激推しポイント

 

①とにかく美しいグラフィックスとサウンド

 f:id:hn618li317:20170611233619p:image

本当に、きれいです。安心します。普通は極度の綺麗好きでない限り、完璧な綺麗さよりちょっと隙がある方が落ち着くのですが、これは安心感のある美しさ。隙を見せずに人の心をわしづかみにする。よくある異性を落とすテク♡なんてもうあてになりません。隙なんて要りません。完璧な美の時代。みなさん、ぜひこの完璧な美しさでMonument Valleyに落とされてください。

 

②前作を上回る驚きのパズル

みなさん、トリックアートは好きですか?好きですね。好きな前提で進めますね。

Monument Valleyにはあのトリックアートに近い驚きが待っています。タネが分からないほど複雑ではないのですが、とにかく意表を突いた錯覚を利用されまくります。

へ?なんで?おおー動いた、あ!こうすれば道がつながる!…ひらめきの連続です。
しかもひらめかなくても、とりあえず動かして動かして動かしていると気づいたときに道は開けていたりします。

 

1もなかなかに驚かされたのですが、2を始めた時に「1で結構タネ使い果たしたんじゃ…2で新しい仕掛けとかあるのか…値上がりしてるのにクオリティ大したことなかったらショックだな…」と正直思っておりました。

 

いや、もうね、そんな心配いらなかった。これは1を優に上回るクオリティでやってきました。やってくれたな、ustwo Games。

1をプレイしていた分、さくさく進められましたが、「やられた…」という瞬間がかなりありました。製作者の脳みそが見たい。とにかく《意表を突かれる!》この表現がぴったり。

 

しかし3を待っているファンとしては不安です。これを上回る3とは、一体…作れたら神と崇めてもよろしいでしょうか。(笑)

 

③感動的なストーリー

 f:id:hn618li317:20170613152238j:image

 

1はアイダの冒険。2はローという母とその娘の物語。

テーマは旅立ち、孤独、成長などですかね。

今回の方がストーリ性がよりででいます。ただ、ストーリーを前面に押し出した作品ではないので、あくまでメインはパズルです。

しかしトーリーとパズルの融和性は高い。物語が進むにつれて、プレイする側の動作にも少し変化が現れます。そこが物語の軸となる部分を巧妙に表現しています。小説で言うと、主人公の気持ちが日常生活から読み取れるみたいな、あの感覚です。(伝わるのか)

 

④自分だけのマーク

Monument Valleyはいくつかの章から成っているのですが、章をクリアすると、光で作られたマークが与えられます。

1ではそれが既存のものでしたが、2では自分で自在に点を操って作ることができます。オリジナルのクリア証です。

 

f:id:hn618li317:20170613152239j:image 

例えばこんな風に。

 

さらにこれがメイン画面にも適用されます。

f:id:hn618li317:20170613152258j:image

(写しているのは違うマークです)

 

つまり、自分だけのマークが出来上がり、自ずとメイン画面も自分だけのものになるのです。

そして同じ模様を再現しようとしても、もう出来ない。

章をクリアした時の感動を、その時に感じた感覚を、率直に表現したあの瞬間にしか作れないマーク。

そんな1度限りを何度も重ねていく体験。

クリアに近づくにつれて、自分の世界を作り上げているような錯覚にも陥ります。

 

⑤3つの目線

私が思うに、プレイヤーは3つの目線からこのゲームを楽しめます。

 

  • キャラクターを導く立場
  • 目の前の母娘の冒険を見守る第三者目線
  • 無機質なMonumentたちを動かし、道を作る神のような存在

 

キャラクターを導く存在は、キャラクターを動かしている時。

第三者目線は、母娘の物語を見ている時。

神のような存在は、建物を動かしたり、マークを作り上げていく時。

 

こんないろいろな立場から、ゲームを楽しむことができます。

 

 

⑦とにかく面白い

f:id:hn618li317:20170612151040p:image 

最後雑ですね(笑)

いや、伝えたいことは伝えました。ただ、7の方が数字的に縁起が良さそう、それだけです。

でも、本当に本当に面白いです。興味深い。

 

半分くらいお湯に浸かっているような、現実とMonumentの境にいるような、心地よい没入感を与えてくれます。

そして、感動と驚きに満ちている世界

 

 

ここまで読んでくださった方には、1度やってみてほしい!本当に!

 

 

ただ、これが有料ということで、なかなかネックに思う人も多いと思います。

 

大学生以上であれば、1時間くらい働けば稼げるお金で、1と2が買えます。

でも、このゲームの楽しみは1時間に収まるものではありません。自分の1時間をかけるだけの価値はあります。私はそう思ってます。

 

また最近はポイントを貯めて、iTunesコードに変えられるアプリもありますね。

あの類のものは、最初にボーナスをくれたりするので、ちょこちょこ広告を見ていると、気づいたら500円分になっていたりします。アプリを2つ使えば、1000円。

あれ、もしや、これは、80円の出費で2つをゲット出来る!お得!

 

あとは1年くらい待てれば、期間限定で無料になることもあるかもしれません。

 

ちなみに最後に大事なことをお伝えします。

今回2の紹介をする、と言いましたが、全体的に割と1.2に共通するような紹介になってます。

それは、1をやらずに2はやってほしくないから。

 

1を未プレイの状態で、2だけをプレイしても、ストーリーやパズルは独立しているので、十分楽しめます。ただ、きっと2から始めた方は、終わった時に1をやりたくなるはず。

しかし、2→1という進み方は私はおすすめしません。ストーリーや世界観、美しさは楽しめますが、驚きはやや減ってしまう可能性があるためです。

 

なので、プレイの順番は、1→2

これだけは覚えて帰ってください。

 

大事なことなので繰り返します。

 

プレイの順番は1→2

 

これさえおさえれば、あとはiTunesストアに行って、Monument Valleyを購入するだけです!!

 

さあ、このリンクから、美しいグラフィックスの世界へ。

Monument Valley

Monument Valley

  • ustwo Games Ltd
  • ゲーム
  • ¥480

Monument Valley 2

Monument Valley 2

  • ustwo Games Ltd
  • ゲーム
  • ¥600

 

他人を通して自分をみる。

 

 

友達とめーーいっぱい話しまくって、

いろいろな出来事が整理された。

 

最近のことから、将来の子供の名前、教育の話…

まだ結婚すらしてないのに、憧れと理想だけは大きくなっている。

 

 

 

人と話すことで、自分の言葉を口に出すことで、自分も自分を理解出来ることを理解した。

そして人の話を聞くことで、自分が理解出来ることも分かった。

 

他人は自分を映す鏡、とよく言うけれど、本当にその通りだ。

 

相手が発したことから、自分が解釈したことは、自分が現在理解出来る範疇のことでしかない。

 

知らないものをすごくうまく説明されても、実物を見たり触れたりしない限り、私たちは自分が知っている別のイメージや言葉でそれを置き換えて記憶することしかない。

 

つまり、理解しているのは言葉そのものであって、見たこともないものは、その名前で覚えておくしかないのだ。

 

他人の思考や発言だって同じ。

 

人は他人の考えの全容を見ることは出来ないし、理解することも出来ない。

赤の他人だから。

 

どんなに考え方が似ていようと、それはお互いが共通している部分が多いだけで、すべてが同じ訳ではない。

むしろそんな人がいたら怖い。

 

だから、他人の中から受け取ったものは、自分の中にもあるもので、それは自分の中にあるから理解出来たことなのだ。

 

他人の中から受け取った知らないものは、新しく私の一部として増えていく。

だから他人と話すことで、視野も世界も広がるのだ。

 

要するに、他人と話していて解釈したこと、興味を持ったこと、理解したこと、反対したこと、それらはすべて私を構成する1要素だ。

 

 

 

いろいろな他者から受け取った自分と共通するピースを、自分の世界にはめ込んでいく。

そういう感じ。

 

いろんな人と話せば、いろんなピースが見つかって、自分の世界のピースも埋まって、自分という人間を理解できる。きっと。

 

 

そして、他人が映す自分は、偽りのない自分だ。

そこには自ずと願望や理想も現れる。

 

普段無理だと決めつけて、大声で言えないような夢も、他人への羨望の底にこっそりと隠れているかもしれないのだ。

 

だからこのピースの扱いには気をつけなければならない。

乱暴に投げ捨てていたら、自分という人間が分からないどころか、ひどくひねくれて理解したり、大きな誤解を生んでしまうかもしれないから。

 

他人に見つけてもらった自分のピースは、丁寧に形を見極めて、自分の世界という型に当てはめていってあげる。

それが自分を理解する近道だと、今の私は思ってます。

 

未来の私はいかがでしょうね。(笑)

 

「100回泣くこと」を読んだ。

 

中村航さんの「100回泣くこと」を読みました。

 

どんでん返しみたいな話ではないからあまり支障ないかなとは思うけど、ネタバレ含むので、見たくない方は、見ないでください。

 

 

 

 

 

 

内容としては、彼女が癌になってしまう、という話。

最終的に彼女は亡くなってしまうんだけど、タイトルの割に号泣とかはしない。

 

さらには飼い犬も亡くなってしまうんだけど、犬好きの私も案外涙しなかった。

(昨日読んだ「きみはポラリス」なんて、ペット目線の描写があって、死んでないのに泣いた)

 

個人が泣いたかどうかというのはあくまで主観でしかないのだけど、人が亡くなること、その後に残された人の描写がすごく好きだった。

 

人の気持ちが真っ直ぐに出てくる訳じゃなくて、それが日常からふんわりと伝わってくる。

 

ふとした瞬間の気持ち、ではなく、習慣として生活に滲み出たところを捉えた感じ。

 

 

コーヒーがカフェオレになってまたコーヒーに戻るところ。

大切な人にもっと何かしてあげられたのではないかと悔やむ気持ち、だけどどうしようもなくて、お酒に溺れる日々。

 

感情をストレートに表現するより、痛く突き刺さった。

 

これ(今日ってみんな同じじゃないの? - しろくまが好き。)を書いた日から数日の私の考えや行動は、彼と似ていて、もはや既視感を覚えたくらいだった。

 

私も1日だけど、強いお酒を飲んで、死んだように寝た。

翌朝は案外ケロッと起きれたもんだった。

 

ずっとずっと同じことばかりを考え、もっと出来たことがあったのではないかと後悔し、どうにもならない悔しさと、どこにもぶつけようのない思い、終いにはそれらがすべて自己満足で、自分を悲観しているだけであると気づく虚しさ。

 

 

客観してみるとよく分かるけれど、人間は沈める所まで沈んで、やっと起き上がれるものなのかもしれない。

 

底なしの沼の底は、割と浅かったりして。

 

沼をどんどん沈んで行く時は、本当につらいけれど、そこでふとした日常から、元の生活を取り戻していく彼は、極ありふれた人間だった。

 

ありふれた人の、ありふれてないけれど、もしかしたら本当にあるかもしれないと思わせるような、物語だった。

 

叫びたければは河原に行けばいいし、柔道がしたければ柔道場に行けばいい。人生はシンプルなほうが美しいに決まっている。

 

泣きたい時は泣けばいいし、苦しい時は苦しめばいい、お酒に頼ってもいい。

 

時間が解決してくれる問題は、案外多いのかもしれない。

 

わたしごと。

 

最近自分が好きなもの・憧れるものを挙げてみた。

 

結婚

ペアリング

プレゼント

人を守ること

子ども

愛に溢れた言葉と行動

etc…

 

だだ愛に飢えた人みたいになってますが、飢えてはないです。(笑)

 

 

サークルとかバイトとか将来のこととかを考えて、結構前から気づいていたことがあって、それが、私はお金や数値にあまり興味がないし、価値を置かないということだった。

 

自分が何かをした時に欲しいものは、お金じゃなくて「ありがとう」や笑顔で、お金や順位などの数値をもらうことも嬉しいけれど、目指しているところはそこじゃなかった。

 

数字で誰が見てもわかる根拠を持つことは大事だけど、どこに価値を置くかは人それぞれ。

 

私は目に見えない感情とか気持ちとか思考とか、人によって変わる感覚みたいなものの方が好きだし、そこに価値を置きたいだけ。

 

お金はなければ生きていけないけれど、お金自体には興味はない。貯金したい、と思うけれど、それはいつか使いたい時のためで、○○万持っている自分が好きだからではない。お金を稼ぐのは、自分(と将来は家族)を幸せにするために、生活したり欲しいものを買ったりする費用でしかない。

 

だから、お金も数値化されたデータも、興味がない。

 

 

一方で、人によって変わる感覚みたいなものは目に見えないんだけど、それが目に見える瞬間が好きだ。

 

目に見え方は人によって違うし、見せ方も違う、見えるかどうかだって分からない。

 

でも溢れてきてしまうような、なにか。

大事にしている、好きなこと、もの、人。

 

それがきっと人間の魅力でもあるのだろうな。

 

目に見えないものが見える瞬間って、結局目に見えるものでしか人を判断出来ないのかと残念になるけど、やっぱりどう頑張っても目に見えないものは目に見えない。

だって、相手は赤の他人なわけだから。

 

でも、だから、それがわかる瞬間が嬉しいのかもしれない。

 

 

 

人から溢れ出る「好き」が好き。

 

だからやりたいことを真っ直ぐやっている人が好きだし、私はまだ夢を見ているだけかもしれないけど、結婚やペアリングにもその人の誰かに対する「好き」を見てしまう。

 

目に見えないものが目に見えそうな時、その人から溢れる出る「好き」を見逃さずに生きたい。

 

好きなことをして輝かない人はいないから、人の「好き」を見ていたい。

 

目に見えないものが見える瞬間を、大切にしたい。

そこにその人の魅力が隠れている気がするから。

 

 

 

かっこいい言葉なんていらない。

 

 

ただ、あなたの約束がほしい。

 

 

特に意味はありません(笑)

 

ただ、言葉なんて、言葉でしかない。

言葉よりももっと大事なことがあるんじゃないかと。

 

 

 

文章を書くのは好きだし、私は言葉が人を救ったり、時には傷つけたり、いろいろな可能性を持っていると思っている。

 

何かを言葉にすることで気分が晴れたり、

言葉にされたものを読んで共感したり、

毎日の行いの中に溢れる言葉は、道具でもあり、もっともっと深いものであるとも思う。

 

結局のところ人間は、言葉という媒体を介さなければ大雑把なコミュニケーションしか取れないから、言葉は人間関係を深めてくれる道具で。

でも、言葉は使い方によって、贈り物にも拳銃にもなりうるから、人間関係に大きく作用するものでもあって。

言葉がつなぐものは幅広い。

 

 

 

でも、言葉には、限界がある。

あまりにも、アウトプットが簡単すぎるから。

 

努力や時間を伴わないものへの信頼は、残念ながら高くない。

 

言葉は発するのも書くのも、簡単だ。

それが良いところであり、不便なところでもある。

 

どれだけ"本気"だって、言葉だけでは何も伝わらないのが現実だ。

 

そこには行動や態度がつきまとう。

むしろそれらで伝えなければならない場面がある。

 

 

 

 

つまり、どんなに熱意があっても、言葉がなければ伝えられないし、行動や態度がなければ伝わらないのである。

 

 

誰に対しても、何に対しても変わらない。

 

これが、最近の、教訓。