しろくまが好き。

感性で書く。

それなりな不満。

 

授業を受けていて、

ふと思った。

 

"ああ、受身だ"

 

自分で選択した、それなりに面白い授業。

 

いつもふらっと来て、

ふらっと話を聞いて、

少しだけ耳に届いて、

少しだけ心に残って、

ノートを取ってみる、

帰りに板書を撮って、

明日にはリセット!

 

なんとなく何かを得た気になって、

なんとなく満足してる。

 

薄っぺらい満足感をたくさん集めて、満足した気になってる。

 

不満はないのだし、いいではないか。

つまらない授業を受けさせられるよりはるかにいい。

 

まあ、それはそうだけど。

 

"ある程度の不満とか不足感がないと、受身になって堕落するんだな"

 

与えられたものから選択する。

 

受けているのは大学の"授業"なわけで、

それなりに話を聞いていれば、それなりに何か得られる。

 

でもこれって、たなぼたみたいなもんで、偶然引っかかるものがあった、というだけでしかない。

 

本当は求めるものを最大限求める。そのために利用する、というのが大学なんだろうな。

大学に限らずだけど。

 

私の求めるものってなんだろな。

 

今の選択、間違えちゃいけない。

 

ここで求めるか、別で求めるか、両方求めるか。

 

ちゃんと調べて、ちゃんと考えて、後悔しない方を選択しよう。

やってみなくちゃわかんないし。