しろくまが好き。

感性で書く。

何か書きたい。

 

と思っていた、いつかのブログ。

書きかけのブログが下書きにたくさん貯まっていたので、放出してみる。

 

 

 

 

 

 

------------------------

 

衝動的に訪れる、"何か書きたい"瞬間。

 

言葉にならない言葉の卵たちが、頭の中を蠢いている。

 

はやくはやく、言葉にしなきゃ。

…そう焦っても、言葉は生まれるものではない。

 

自分に向き合って、言葉の卵たちの声に耳を傾けて、自分の行動を反省して、考え、思い巡らし、やっと言葉になる瞬間。

 

気づくと落ちてくるときもあるけれど、気づくと落ちてくる言葉も、落ちてきてほしいといつかの私が考えた言葉の卵。

 

言葉の卵たちが言葉になる瞬間、私は落ち着きと安心を得るのだ、きっと。

 

そして書き留めたくなる。

それからブログを開いて、思うように書く。

表現が気に入るまで、悩み、気に入れば公開する。

 

公開して、あとは、そのまま。

 

言葉の卵たちが言葉になる瞬間、そしてそれを表現する時間が、私の落ち着きであり、安心なのだと、これを書きながら確認する。

 

でも、今日はまだどこか落ち着かない。

 

ブログを書いているとなぜか、親指に思考力があるのではないかと思う。

何かを考えている頭ではないから。

 

何も考えていないのに、親指が勝手に文字を打ち出している感覚。

 

不思議だけど、言いたいことはこれでもない。

 

最近ずっとこれだ。

 

言葉にならない、もどかしい。言葉が埋もれている。言葉を求めている。言葉、コトバ、ことば…

 

バクが夢を食べるように、私は言葉を食べているんだ。

言葉を食べて、言葉を理解し、言葉を発するんだ。

 

声に出さなきゃ、言葉は溜まっていく。

 

本を読む気が起きないのもそういうことで、今は言葉がもうたくさん溢れているんだ。その中にまた言葉を詰め込んでも仕方ない。言葉を、吐き出したい。

 

でも言葉にするって難しい。

 

何かから生まれた私の考えたちは、私の中でしか通じない神経のようなもので繋がっているのだけど、それを言葉にするには翻訳作業が必要なのだ。

 

でも考えても考えても翻訳作業が、追いつかないどころか、私の考えたちの方向性すら掴めない。せめて問題提起さえしてくれれば、解決の糸口を見つけようとなんとか動き出せるのに。

 

課題解決の最初の一歩は問題発見だ…

課題が見つかれば解決したようなものだみたいなこと言うけど本当にその通りだ。私の課題はまずどこなのだ。

表面的にしか思い付かない。

 

 

表面といえば、

表面ばっかり取り繕って、きれいに見える鉄壁を作り上げている気がする。

でも、人間てそんなもんじゃないか、という自分もいる。

 

そういえば、思い出したけど。

表とか裏とかいう人がいるけれど、そもそもその考えた方自体好きじゃない。

いい面が表で、悪い面が裏。決めつけたかのように、表裏をつける。

 

でもコミュニケーションって、相手との対話で、人やコミュニティが変われば対応が変わると思う。

 

あるコミュニティAでのある人の対応を見た別のコミュニティBの人が、AとBの対応が違うと言って、表だとか裏だとか。

 

普段の対応だって、こっちではツッコミだけど向こうではボケ、みたいなのあるじゃん。それだよ。それでしかないよ。どうして対応が違うと変、みたいな感じ方されるのか。

 

要するに、表裏なんかなくて、相手との関係性や相手のキャパで自分が話す内容や幅も変わるんじゃないかなあって。

 

初対面の人に悪いところ見せる人はいないでしょ。関係の深まりとそういうのは比例する。

 

でもなんでも見せられるのが深い関係とも限らなくて、親しき中にも礼儀ありみたいなもので、深い関係だからこそ言わない方がいいことってあって。ただ、なんでも見せる=深い関係っていう方程式のせいで、深い関係なのに聞かれて言えないことがあると、謎の罪悪感を感じるのだ。正確には、言えないことじゃなくて、言わない方がよいこと、だろうけど。

関係維持には必要なんだけどね。

 

罪悪感が積み重なって、これは本当の自分なのか、って思い始める。

全部本当の自分なのに。

 

これが鉄壁の正体。

 

塗り固められた壁で四方を覆った人は、どこへ向かうのだろう。

本当はすごく最低な自分を偽りながら生きてどうするんだろう。

最低でも、それでもいいよって、そんなわけないのにね。

1つだけいいよがあれば、人生やっていけそうだけどね。

 

いいよと大丈夫は際限なく人間を救う言葉に見える。

 

丸ごとすっぽり覆われても苦しくないお布団がほしい。お布団に潜り込むとすぐ息苦しくなってしまうからさ。潜り込みけど。

 

あとはね、過去ってなんで今に続いているんだろうね、っていう話。

 

今は今でも、過去があると今は今じゃなくなるんだよ、往々にして、今も過去になってしまう。

今は今なのに、今でしかなくて、今が本物なのに。

過去に支配された魔物はきっと過去から動けないから、過去にいるんだろうけどね。

 

はあ。でもなんかすっきりしない。

 

もうずっとこれだよ本当に、、、

 

何を言っても、何を書いても、何を思いついても、すっきりしないんだよ。なんでだよ。

 

そろそろ言葉の限界??

 

言葉以外に何か、思考の卵を外に出す瞬間を作るべきなのか。

 

こんなに書いても何も晴れないの、ね。

まあ晴れる瞬間は書いている時ではなくて、考えている時なんだけど。

 

やっぱり問題提起もなければ、解決もない。

 

でも今の問題提起が見つからない。

 

しあわせ、と、きれい、と、あたたかい、が交互に浮かんでくる世界。

 

あったかい社会がほしい。

 

心がぽかぽかする社会。

 

冷え切った社会じゃなくて、

暖かい社会がいい。

いがみ合う社会じゃなくて、

助け合う社会がいい。

少ない材料、財産を奪い合う社会じゃなくて、

分け合う社会がいい。

 

理想は理想のままで終わってしまうのか。

夢は夢のままでいいのか。

 

いつからか諦めてしまうようになった大きな夢は、制限という自分で決めた足枷にはまって、抜け出せないのだ。でも自分の足枷なんて、すぐに切ってしまうべきだ。

 

やっぱり何を言ってもすっきりしなかった。

 

言葉を超える存在。探そう。

 

もやもやもや。

 とりあえずきみすいよむ。

涙は感情のリセットボタンだと思うから。一旦0になれば、また100入れられるんだ。当たり前だ。

 

取り止めがないけど、おわり。