しろくまが好き。

感性で書く。

かっこいい言葉なんていらない。

 

 

ただ、あなたの約束がほしい。

 

 

特に意味はありません(笑)

 

ただ、言葉なんて、言葉でしかない。

言葉よりももっと大事なことがあるんじゃないかと。

 

 

 

文章を書くのは好きだし、私は言葉が人を救ったり、時には傷つけたり、いろいろな可能性を持っていると思っている。

 

何かを言葉にすることで気分が晴れたり、

言葉にされたものを読んで共感したり、

毎日の行いの中に溢れる言葉は、道具でもあり、もっともっと深いものであるとも思う。

 

結局のところ人間は、言葉という媒体を介さなければ大雑把なコミュニケーションしか取れないから、言葉は人間関係を深めてくれる道具で。

でも、言葉は使い方によって、贈り物にも拳銃にもなりうるから、人間関係に大きく作用するものでもあって。

言葉がつなぐものは幅広い。

 

 

 

でも、言葉には、限界がある。

あまりにも、アウトプットが簡単すぎるから。

 

努力や時間を伴わないものへの信頼は、残念ながら高くない。

 

言葉は発するのも書くのも、簡単だ。

それが良いところであり、不便なところでもある。

 

どれだけ"本気"だって、言葉だけでは何も伝わらないのが現実だ。

 

そこには行動や態度がつきまとう。

むしろそれらで伝えなければならない場面がある。

 

 

 

 

つまり、どんなに熱意があっても、言葉がなければ伝えられないし、行動や態度がなければ伝わらないのである。

 

 

誰に対しても、何に対しても変わらない。

 

これが、最近の、教訓。